• 世界一の教育大国の秘密が知りたい!フィンランド 教育 暮らし 習い事 密着レポート
    取材・文/歌野嘉子(Office Utano)、撮影/Jukka Isokoski

    レベルの高さから世界中の注目を集めるフィンランドの教育。実際「何がそんなに特別なの?」の答えを探しに、一般家庭や図書館、人気の習い事現場を取材。そこには、政府指針や指導要領からは見えてこない生のフィンランド像が見えてきた。

    フィンランド小学2年生オスカリ君の24時間タイムスケジュール

    フィンランド小学2年生オスカリ君の24時間タイムスケジュール

    「やる気があれば誰でもチャレンジできる」という平等なフィンランドの教育システム
    フィンランド流 図書館利用術が知りたい!

    フィンランド流 図書館利用術が知りたい!

    本との付き合い方を “ フィンランドの図書館事情 ” から迫ってみよう。
    フィンランドの建築教室 ARKKIってどんなところ!?

    建築教室 ARKKIってどんなところ!?

    デザイン大国ならでは!? センスの良さを伸ばす教室 建築から総合的な知識と実技を学ぶARKKIメソッド

     

    ヴァルティアイネンさんファミリー
    ヘルシンキ市近郊の小さな町に暮らす6人家族。保育園児から専門学校生までの子供たち4人と、フルタイムで働く両親の生活はにぎやかそのもの。円満の秘訣は家庭内サウナと、週末に近所の森へみんなで出かけることだそう。長女ローサさん(16歳)はパンクな10代のこだわりとして、今回の取材には声のみの参加。

    フィンランドの家族 ヴァルティアイネンさんファミリー

     

    フィンランド教育暮らし習い事密着レポート

     PISA*学力No.1の国の子育て事情は?!

    家庭への経済的負担が少ないのはありがたいわ。教科書代を部分的に負担する以外は行事も含めて全て無料だから、私たちは子供のことだけを考えていられるもの。教育の質で言えば、子供も親も絶対的に信頼できる先生がいることが心強い。小学校は低学年、中・高学年と同じ先生が担任してくれるから安心だし、先生とのやりとり専用の電子システムがあって、パソコンを開けばコミュニケーションが簡単にとれるのも忙しい身としては助かるの。うちの教育方針は、“とにかく公平に”。4人いる子供たちと1対1の関係を大切にしているわ。ローサは多趣味で自由人、面白い子なの。ヴェーラは落ち着いていて頼りになる。オスカリは頭の回転が速いの。エイノはどうなるか楽しみね。

    ママ・パイヴィさん:企業カスタマーサービス部門にフルタイム勤務。インテリア雑貨の有名企業での勤務経験もあり、インテリアコーディネートが得意。乗馬が趣味。

    ※PISAとは、OECD(経済協力開発機構)が実施している学習到達度調査のこと。世界中の15歳を対象に、読解、数学、科学のテストを行い、各国の教育政策がうまくいっているかどうかの判断材料になるとされている。

     

    パパ・ミッコさん:フィンランド教育暮らし習い事密着レポート

    共働き社会でのパパの育児参加は?

    うちは上の子たちも含めて連携プレーで成り立っているからね。朝はパイヴィがエイノの保育園見送りを済ませて仕事に出かけるから、僕は逆に午後を担当。早朝から正午過ぎまで仕事に出かけて、エイノのお迎えと世話、夕食の準備をしているよ。ほかの子供たちは基本的に自分のことは自分でするのがルールなんだ。「母だから」「父だから」「長女だから」というよりも、みんなそれぞれに忙しい中で助け合っている感覚かな。子供たちが高校か専門学校を卒業するまではしっかり面倒をみて、それ以降は自分の好きにしてもらうよ。僕ら両親にはもちろん山ほど期待があるけれど、子供たちには自分の考えがあるだろうから。子供たちも僕らも、無理せず自然体でいるのが一番だよ。

    パパ・ミッコさん:倉庫管理会社に勤務。料理が得意なので家事は主に台所まわりを担当。ラジコンが趣味。

     

    アニタ・シュヴァサルミ先生:フィンランド教育暮らし習い事密着レポート 質の高い教育を支える先生からの意見は?
    学校の方針は「今日は楽しい1日だった」という思いで子供たちが下校する学校を作ることです。大枠の方針を教師たちが共有していて、そこから先は各担任がフレキシブルに決めて大丈夫なのです。教育学が進んでいるユヴァスキュラ大学で開発されたコンピューターソフトも取り入れましたし、保護者に出張授業を頼むこともあります。近所の牧場から動物に来てもらったこともありましたね。担任が全教科教えますから、指導要領に定められた時間数の中で子供たちに合わせて授業展開を組み立てています。普段のクラスでテストはしませんが、算数と国語は国内一律に設定されている理解度に到達しない生徒に補習授業を行っています。子供たちに合わせた教育が、結果としてフィンランドの教育全体の質を支えているのではないでしょうか。

    アニタ・シュヴァサルミ先生:オスカリ君がいる小学2年生クラスの全教科を担当するほか、出張授業として他校の小学校音楽クラスも担当する。

    LINEで送る
    Pocket

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です