• Interview〜 06

    子供の教育について親の役割を考えるHEGLが開催する
    『親と子の共育大学』

    逸見浩督氏 (HEGL 逸見総合教育研究所 理事長)

    逸見浩督氏
    (HEGL 逸見総合教育研究所 理事長)

    「幼児・小学生教育は、親と子供が共に学ぶ“ 共育” である」と語る、ヘーグルの理事長・逸見浩督氏。生徒のご両親に向けて「志のある人間に」というプリントを配布したり、『親と子の共育大学』や『人間学講座』を開き、「心の共育」が家庭で実践出来るような指導を精力的に行っている。2013 年からは、『父親セミナー』も定期的に開催。子供を教育するうえでの父親の役割などを分かりやすく解説し、大きな反響を得ている。逸見氏が考える“ 共育” の必要性とは? また、『父親セミナー』を開催する意図について語って頂いた。

    逸見浩督氏 (HEGL 逸見総合教育研究所 理事長)
    代表の逸見宙偉子と共に、1986年HEGL を設立。同時に、MEP プログラム(最高の効率性を追求した初等教育)を開発。著書に、『志のある人間に 第1巻』(ヘーグル出版)、『受験突破の新・思考力開発』(たま出版)、『人生の教科書第1巻 / 第2巻』(総合法令)、『超IQ 革命』(総合法令)がある。

    親と子が一緒に学び成長することで
    子供の「心の力」が大きく育つ

    知育ラボ「三つ子の魂百まで」という言葉がある通り、子供の考え方や、心のベースができるのも幼少期です。この頃にしっかりとした心の力(EQ)を伸ばす教育をしてあげることが大切です。その「心の教育」を実践していく主な場所は家庭であり、両親から受ける影響が子供の「心の教育」にとって一番大きいのです。
    「子は親の鏡」です。両親が何かにチャレンジし続け、輝いている姿を見て育てば、子供もそのようになります。反対に、親がチャレンジすることや、成長し続けていくことをあきらめてしまえば子供もそのようになってしまいます。親が子供に対して、無条件の愛を注げば、子供も周りの人に愛情を注げるようになります。“ 親” として子供に「心の教育」をしていくには、まず親自身が、素晴らしい” 教師” になるための学びが必要です。ですから、ヘーグルでは、幼児・小学生教育は、親と子供が共に学ぶ“ 共育” であると考えているのです。ill22

    私たちは「心の教育」のことを“人間学” と呼び、教育理念の1 つの柱にしています。この「心の教育」=“人間学” を親と子が一緒に学び、共に成長していくことによって、子供の「心の力」を大きく育てることができます。親が学び変わる姿を見て、子供も変わっていくことができるのです。

    「心の教育」を実践していく主役は家族
    父親にしかできない子育ての役割がある

    ill31ヘーグルでは、親と子が学べる場として多くのセミナーを開催していますが、お父様向けイベント『父親セミナー』もとても反響を頂いています。2013 年秋に開催した第2 弾では、「お父様にとって必要な子育てのあり方」を中心に構成し、自分自身の経験や現在の世界状況を通して、「子供を最大限に伸ばす賢い父親の8 つのポイント」など、お父様方の日常にも役立つお話をさせていただきました。
    『父親セミナー』を開催することになった理由には、昨今、“ お母さんが二人” の家庭が多く見受けられ、本来の父親としての役目を果たしていない父親が多いと実感するからです。子供に無条件の愛を与える母性愛と、条件付きの父性愛、子供を直視する母親と、俯瞰で全体から見ることができる父親の両方の目が必要なのです。
    セミナー前には「子供の教育にどう関わればよいのか分からない」とおっしゃっていたお父様たちも、セミナー後には「ヒントを得ました」と帰宅される方がほとんどです。日常、多くの人やビジネスに直面している方々なので、理解がとても速いと感じます。特に、子供が社会に接する機会が増える10 歳くらいになると、必ず父親の出番は多くなってきます。その時のために、子供たちから見た父親像を良くしておくこともお母様たちの大切な役目です。

    子供をどのように育てていきたいか
    家庭で何を大切にしているかが大事

    ill30最近のセミナーでは、現在の教育の変動を踏まえ、ヘーグルの教育法について、教育コンテンツの変化と能力開発の進化についてお話をしました。ヘーグルの教育には、右脳開発だけでなく、子供の“ 素地力” と将来大きく伸びる“ 根幹” をつくるという2つのポイントがあり、どちらもヘーグルが大切にしている「心」に繋がります。右脳開発=感動教育であり、感性を育てる教育。根幹をつくる教育とは、多様性が求められる時代の中で、根をしっかり持った人間を育てることです。これからの時代は、個性を持つことがとても大事になってきます。ill29個性を持つには、自分を知ることが欠かせません。そしてそのためには子供が成長しやすい環境を整えてあげることが大切です。教育は家庭で行うものであり、それぞれの家庭が価値判断を持ち、子供をどのように育てていきたいか、をしっかり持つことが大切になります。私たちは、第2 のお父さん、お母さんの立場で、子供の心を育てる環境づくり、子供の個性が発揮できる環境に巡り合うためのサポートをしていきたいと考えています。

    sen09

    HEGL

    HEGL 立川本部校

    立川市柴崎町3-8-2 build はなさい2F/6F/7F
    042‐529‐7720
    www.hegl.co.jp

    営業時間: 月・水〜土10:00 ~ 18:00
    休校日: 日・火
    電話またはHP から申し込み
    立川駅から徒歩3 分

    infomation

    HEGL ヘーグルメソッドは右脳教育に意識が高い海外からの注目度も高い。リーダー力がつき、発想も豊かになるとして、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、タイ、上海(写真)と海外校も続々開校。国内には、八王子南大沢校もある。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です