• VCJコーポレーション 株式会社

     

    パパとママのためのチャイルドシートガイド

    なぜ車好きはレーマー社のシートを選ぶのか?

    ドイツをはじめ、車好きの多いヨーロッパで圧倒的なシェアを誇るドイツRömer社のチャイルドシート。この人気の裏側には、チャイルドシートを選ぶ際に注意すべき3つのポイントがある。そのポイントとはなにか、Römer社の人気の秘密を探りながら見ていこう。

     

     

    childseat-point

    point1
    まず何より重要なのは、子どもを守ってくれること。そしてメーカーが信頼できるかどうか。
    point2
    せっかくの車が、チャイルドシートのせいで台なしになるのは残念。かっこよさもキープしたい。
    point3
    子どもはあっという間に成長するもの。ドライブを快適に楽しむには、体に合っていることが必要条件。

     

     

    1. 安全性・信頼性

    (自動車先進国・ドイツでの圧倒的なシェアと大手自動車メーカーからの推奨 )

    テストで入手したデータをコンピューターでシュミレーション分析し、安全性を高めるための商品開発に活用。一企業で10,000回以上に及ぶテストを行っているところは、ほかに類を見ないテストで入手したデータをコンピューターでシュミレーション分析し、安全性を高めるための商品開発に活用。一企業で10,000回以上に及ぶテストを行っているところは、ほかに類を見ない ユーロNCAPは「大人の乗員の安全」「子供の乗員の安全」「歩行者の安全」「セイフティ・アシスト」の4つの観点でテストを実施。「子ども乗員の安全」はチャイルドシートの性能が試される

    実験データと事故データ2つのバックボーンを基に設計

    レーマーチャイルドシートには、「自社実験施設で入手したデータ」および「実際に発生した事故データの研究」という2つのバックボーンに支えられて設計されている。累計10,000ショットに及ぶテストを実施した衝突実験施設を自社内に保有。徹底したテストを繰り返している。しかし、テストはあくまで状況を想定したものであり、実際に発生する事故を予想できる訳ではないと考えているため、事故データの収集と分析を実施。実際の事故データと実験データを比較検討し、さらなる安全性のアップに努めている。これが圧倒的シェアにつながっている。

     

    世界最高峰の自動車安全評価テストユーロNCAPでの実績と純正採用

    世界最高峰とされる新車のアセスメントプログラム「ユーロNCAP」(欧州新型自動車評価プログラム)では、欧州で販売されている自動車の安全性を衝突実験により検証し、その結果を公表している。自動車メーカーは、自社テストを繰りかえして何種類ものチャイルドシートの中から「純正」を採択している。ユーロNCAPで高得点を取得している車種の多くにはレーマー社のものが採用されている。ファッショナブルな視点だけで見てしまいがちなチャイルドシートだが、本質的には自動車と密接なもの。自動車メーカー「お墨付き」の信頼性こそレーマーのすごさだ。

    採用実績(2006〜2011)

    アルファ・ロメオ、アウディ、シボレー、クライスラー、シトロエン、ダイハツ、ダッジ、フィアット、フォード、ホンダ、ヒュンダイ、ジャガー、ジープ、レクサス、マツダ、メルセデス・ベンツ、ミツビシ、ニッサン 他

     

     

    2. 車にマッチするデザイン

    ( 欧州車をはじめどんな車にもマッチするシンプルかつ洗練されたスタイル )

    別アイテムとは思えないほど、車とよくマッチ。ヨーロッパで長年評価されているのも、このデザイン性の高さがあってこそ

    デザイン性だけでなく、使用されている素材のよさも◎。写真からでも伝わってくるクオリティの高さに感服

    スタイリッシュな車にもファミリーカーにもオールマイティに対応できるデザイン性

    デザイン性の高さも、レーマーチャイルドシートの魅力のひとつ。シンプルなデザインと色使いは、ともすれば手抜きに見えてしまいがち。しかし、レーマーチャイルドシートはスタイリッシュでどんな車にもマッチするようデザインされており、メーカーや車種に左右されない存在感がある。カラーバリエーションも豊富なので、より自分の車に合ったものをセレクトすることができる。

     

     

    3. 子どもの体に合うバリエーションの 豊富さ

    ( 子どもの成長にあわせて作られた快適で安全な3ステップ )

    体格に合わせたシート選びこそ快適さと安全性の絶対条件

    乳幼児から学童期まで長く使えるチャイルドシートもあるが、レーマーチャイルドシートは快適な座り心地や安全性にこだわり、乳児期(グループ0+)、幼児期(グループ1)、学童期(グループ2&3)と複数のラインを用意。それぞれ対象年齢にあった作り込みを徹底し、産院を退院したばかりの赤ちゃんから、小学校を卒業する頃まで、すべての子どもに最高の座り心地を安全性を提供している。

     

    VCJコーポレーション 株式会社

    VCJコーポレーション 株式会社

    眠った子どもを起こさず車からバギーへ!

    専用アダプターでさらに快適性をアップ

    別売の専用アダプターを使えば、ベビーカーAirBuggy mini/cocoとのドッキングも可能。車で眠ってしまった子どもを起こさず、シートごと取り外してバギーにくっつければ、起こさずに移動することができる。これでお出かけがさらに快適に!

    ※ドッキングには別売の専用アダプターが必要となります。

    AirBuggy本体やアダプターについては、GMPインターナショナルに問い合わせを(0120-178-363)
    Kidslifegudie.comでの紹介ページ

    VCJコーポレーション 株式会社

    TEL 03-6280-0033

    東京都中央区八丁堀4-7-1 第三桜橋ビル5F

    http://www.roemer.jp

     

     

     

     

     

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です